A surprising number of people suffer from different types of digestive problems.

Many of those who suffer from the symptoms of irritable bowel syndrome find relief from following the FODMAP diet, which avoids the intake of certain slow-absorbing, short-chain carbohydrates.

FODMAP carbohydrates are generally found within plant-based products. The list of foods to avoid includes, for example, legumes, onions and some types of cabbage and fruits. Grains to avoid include wheat, rye, barley and products made from these grains. Oat, on the other hand, is suitable for anyone on the FODMAP diet. Oat is an excellent source of fibre, also for anyone with a sensitive stomach.

驚くほどの数の人々が様々な消化器系の問題に苦しんでいます。

過敏性腸症候群を患う人々の多くは、特定の吸収の遅い短鎖炭水化物の摂取を回避するFODMAP食事療法により、症状が軽減されることに気づきます。

フォドマップ炭水化物は、一般的に植物由来の食品に含まれています。 避けるべき食品のリストには、例えば、マメ科植物、タマネギ、およびいくつかの種類のキャベツと果物が含まれます。 避けるべき穀物には、小麦、ライ麦、大麦、およびこれらの穀物から作られた製品が含まれます。 一方、オーツ麦は、フォドマップ食事療法をしている人に適しています。 オーツ麦は、敏感な胃を持つ人にとっても、優れた食物繊維源なのです。

お気に入り
お気に入りはありません
0 カート
0 フリップ商品/アイテムをカートに入れる フリップ商品